未来の自分が待っている菅 耕一郎

TOP > 日常という名の海で 淡路島物語 [ 菅 耕一郎 ]

日常という名の海で 淡路島物語 [ 菅 耕一郎 ]

淡路島物語 菅 耕一郎 アルファベータブックスニチジョウトイウナノウミデ カン コウイチロウ 発行年月:2017年05月10日 予約締切日:2017年05月09日 ページ数:250p サイズ:単行本 ISBN:9784865980332 菅耕一郎(カンコウイチロウ) 1949年淡路島生まれ。

1972年早稲田大学第二文学部卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 黄金時代/淡路島/ぶどう酒色の海/恋愛論/父と子/反抗期/素朴さと軽やかさと/「ユリシーズ」/「マタイ受難曲」/明るい部屋/シュールレアリスム/美しい嘘 「私は十八で島を出てから東京、パリ、東京、そして再び淡路島へ帰ってきた…。

」父と子、母との葛藤、故郷の人々…俳優笹野高史、沖縄の女との出会いと別れを詩情豊かに綴る自伝的記録! 本 小説・エッセイ エッセイ エッセイ 人文・思想・社会 文学 その他

楽天で購入1,944円(税込み)